健保からのお知らせ

2020/06/08

特定健診・特定保健指導実施機関のご案内

 任意継続被保険者並びに被扶養者の皆様に健康診断・特定健診のご案内を送付いたしましたが、あまの創建が行う巡回健診のほかに、従来同様に個人で病院で受診されることも可能です。ほとんどの病院が対応可能ですが、今回特定健診・特定保健指導実施機関のリストを改めてお知らせいたしますので、ご参考にしてください。

 健診機関を以下についてご留意願います。
当健康保険組合は健康保険組合連合会と特定健診・特定保健指導を実施する機関に関する契約を締結しています。契約には「健康保険組合連合会」と「代表健診機関団体」との間(Aタイプ)、もしくは「都道府県代表保険者」と「各地区の医療機関、都道府県医師会、郡市区医師会等」との間(Bタイプ)があります。どちらのタイプもご利用できます。

(Aタイプ)は以下の特徴があります。
・全国統一単価
・特定健診でHbA1cを必須項目としている。
・都市部の比較的大きな病院が主で、地域によってはない場合がある。

(Bタイプ)は以下の特徴があります。
・契約によって単価が異なる。
・地域の診療所等が含まれるので、広範囲の実施機関がある。

添付の表でご確認ください。なお、健診機関は昨年度のものですので、一部変更となっている可能性があります。

特定健診機関リスト(東日本)

特定健診機関リスト(西日本)

なお、最新版は以下の健保連アドレスで健保組合名”レイズネクスト”と保険者番号”8桁の数字”を入力し、検索することができます。

http://hoken.kenporen.or.jp/InternetKensinSearch/Entry.aspx

 

このページのトップへ