特定健診・特定保健指導

40歳以上74歳以下のすべての被保険者や被扶養者に対して、年1回、メタボリックシンドロームに関連する健康診査を実施します。

健診後、生活習慣病の発症リスクの度合いに応じて3グループに階層分けされ、それぞれ保健指導が提供されます。これを「特定健診・特定保健指導」といいます。

診察 問診
【標準的な問診項目】
薬の服用/既往歴/貧血/喫煙の習慣/20歳からの体重変化/30分以上の運動習慣/歩行及び身体活動/1年間の体重変化/食生活の状況/飲酒の習慣/睡眠/生活習慣の改善/保健指導の希望
計測 身長  
体重  
BMI
腹囲
理学的所見(診察)  
血圧
脂質 中性脂肪
HDL-コレステロール
LDL-コレステロール  
肝機能 AST(GOT)  
ALT(GPT)  
γ-GTP

 
代謝系 空腹時血糖
尿糖  
HbA1c

血液一般 ヘマトクリット値  
血色素測定  
赤血球数  
尿・腎機能 尿蛋白  
心機能 12誘導心電図  
眼底検査  

○…必須項目

◇…いずれかの項目の実施で可

◆…医師の判断により選択的に実施

☆…保健指導の判定基準でカウント

特定保健指導の対象者は?

動機づけ支援

管理栄養士・保健師の指導のもと、対象者自らが生活習慣改善のための行動計画を策定し、6ヵ月間自己管理を行います。

6ヵ月経過後に指導者が実績の評価を行います。

支援内容

  1. 【初回】個別面接またはグループ学習
    生活習慣を振り返り、ライフスタイルにあった目標を設定
  2. 【6ヵ月後】生活習慣改善状況の確認(電話、メール、手紙、FAX)

積極的支援

管理栄養士・保健師の指導のもと、対象者自らが生活習慣改善のための行動計画を策定し、指導者が定期的・継続的に介入し支援します。

6ヵ月経過後に指導者が実績の評価を行います。

支援内容

  1. 【初回】個別面接またはグループ学習
    生活習慣を振り返り、ライフスタイルにあった目標を設定
  2. 【3~6ヵ月間】個別に面談、電話、メール、手紙、FAXで継続サポート
  3. 【6ヵ月後】生活習慣改善状況の確認(電話、メール、手紙、FAX)
このページのトップへ