禁煙外来治療補助

ご自分の健康のみならず、受動喫煙の影響も大きい喫煙習慣から脱出するお手伝いとして、「保険適用となる禁煙治療」にかかる治療費の一部の補助を行います。

補助の対象者

禁煙外来治療開始時から終了時まで在籍している被保険者・被扶養者

禁煙治療(外来)の「保険適用条件」は、次の4項目(①~④)

  1. 患者自らが禁煙を望んでいる
  2. ニコチン依存症診断用のスクリーニング(TDS)の結果が5点以上(ニコチン依存症)
  3. ブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上(35歳以上)
  4. 禁煙治療(外来)について説明を受け、その禁煙治療(外来)を受けることを文書により同意している。

35歳未満の喫煙本数に関する要件

(平成28年4月1日の診療報酬の改定により、健康保険等でニコチン依存治療ができる条件が緩和され、治療できる患者さんが増えました。(詳しくは医師に相談ください)
次にあてはまる方は、健康保険等による禁煙治療を受けられる可能性があります。
あなたが、

  • ニコチン依存症と診断される。※1
  • 直ちに禁煙することを希望している。
  • 禁煙治療についての説明を受け、ニコチン依存症※の治療を受けることを文書により同意している。

※1「禁煙治療の標準手順書」にそったスクリーニングテストや治療

補助額

禁煙外来治治療でかかった費用の半額(10,000円を上限)を補助します

補助金の申請手続きおよび注意事項

添付書類

宛名が明記され、「禁煙外来治療に要した費用」であることが確認できる領収書(原本)

※PCやスマートフォンを活用した遠隔禁煙外来は補助の対象外となります。

※保険診療が適用する禁煙治療は診療開始より1年を超えなければ再度行うことはできません。

※診療報酬明細書(レセプト)で受診を確認した後に支給を決定します。

支払日 検診補助に準じ、申請・支給決定後の9月末、12月末、3月末に申請書に記入のある被保険者名義の口座に振り込みます
禁煙外来のある医療機関情報 www.nosmoke55.jp/nicotine/clinic.html

ニコチン依存症スクリーニングテスト

質問 1点 0点
自分が吸うつもりよりも、ずっと多くたばこを吸ってしまうことがありましたか? はい いいえ
禁煙や本数を減らそうと試みて出来なかったことがありましたか? はい いいえ
禁煙したり本数を減らそうとしたときに、たばこが欲しくて欲しくてたまらなくなることがありましたか? はい いいえ
禁煙したり本数を減らそうとしたときに、次のどれかがありましたか?
(イライラ、神経質、落ち着かない、集中しにくい、憂鬱、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
はい いいえ
上の症状を消すために、またたばこを吸い始めることがありましたか? はい いいえ
重い病気にかかって、たばこがよくないとわかっているのに吸うことがありましたか? はい いいえ
たばこのために健康問題が起きていることがわかっていても吸うことがありましたか? はい いいえ
自分はたばこに依存していると感じることがありましたか? はい いいえ
たばこが吸えないような仕事や付き合いを避けることが何度かありましたか? はい いいえ

合計点数は何点になりましたか?

合計点数が5点以上は、ニコチン依存度が高いと判断され保険適用の対象となります。

申請書類はこちら
書類提出上の注意

A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。

プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。

書類は健保に直接か総務・人事部・人事担当者に提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

このページのトップへ